金虎のドッグフードおさかなを実際に買って感じたメリットデメリット7選【口コミ】

※当ページはアフィリエイト広告を利用しています

我が家では愛犬の体調対策として、定期的にドッグフードを変更するフードローテーションをしています。

そのため色んなドッグフードを試したり、探したりするのですが、金虎という会社から販売されている「おさかな」という魚が主体のドッグフードを見つけました。

おさかなの内容を調べてみると、

  • 原材料
  • 成分
  • 製造のやり方

が良かったので実際に定期コース(2袋)を注文して愛犬に与えてみました。

今回はこれからおさかなを試してみようか迷っている人に向けて、おさかなを実際に買って愛犬に与えてみた感想を本音で紹介します。

ざっくり結論

値段が高いことがネックなものの、国産のドッグフードではトップクラスの品質だと感じた

最安値は公式サイト

おさかなの見た目と基本情報

おさかなの袋はジッパー付きで使いやすくなっています。

粒のサイズは約0.8mmとかなり小さいので小型犬から中型犬向けのサイズと言えるでしょう。

価格おためし 400g 999円
定期 1kg×2袋 5,940円
(おためし・定期共に送料無料)
内容量1kg
主原料まぐろ・かつお
フードの形状碁石型
対象年齢全年齢
対象犬種全犬種
カロリー346kcal(100gあたり)
安全性総合栄養食
グレインフリー
肉・卵・乳不使用
着色料・酸化防止剤不使用
原産国日本

最安値は公式サイト

【体験談】おさかなのメリットデメリット

ここからはおさかなをメリットデメリットを実際に愛犬に与えて感じたことを交えながら紹介していきます。

おさかなの具体的なメリットデメリットは以下の通りです。

メリット

  • 成分バランスが良い
  • 専用工場で作られていて原材料の品質も高い
  • 食いつきが良い
  • 粒が小さいので小型犬のポメラニアンでも安心して与えられた

デメリット

  • 粒が硬いので噛み砕きにくい
  • 値段が高い
  • 原料が「%」で表示されていない

メリットデメリットの順番で深掘りしていきます。

メリット

成分バランスが良い

成分バランスが良いことはおさかなを買ってみるきっかけの1つでした。

おさかなの成分表

タンパク質25%以上、脂質9%以上、粗繊維5%以下、灰分10%以下、水分10%以下、カロリー100gあたり346kcal

正直に言うと昔は「成分なんてよくわからないし、ある程度高いドッグフードを買っておけば大丈夫でしょ」と考えていました。

でも「やっぱりそんなテキトーじゃダメだ」と感じて、犬の管理栄養士という資格を取ってからは「成分ってめっちゃ大事じゃん!」と気づき、今ではドッグフードを見るときはまず原材料と成分をチェックするようになっています。

犬の管理栄養士の認定証書と我が家の愛犬マリル

もちろんドッグフードの成分の最適解は愛犬の、

  • 運動量
  • 年齢
  • 体調

などさまざまな要因で異なります。

ただ資格を取って知識をつけたこともあって、良いドッグフードはだいたいこういった成分バランスになるというのがわかり始めて、おさかなは成分が良く、良いドッグフードだと判断したという感じです。

おさかなの成分が良いと判断する理由

  • タンパク質が25%と多すぎず少ないすぎないバランス(少ないものは肉すら使っていなかったりして20%を切ることもある)
  • 脂質は9%と控えめ(高いものは15%以上になっていたりする)
  • 粗繊維5%で腸内環境にも良い(1%以下のドッグフードもあり、それでは腸内環境が悪くなりやすく、うんちの状態が悪くなる可能性が高い)
  • 灰分も10%ほどある(灰分はビタミンのことで少ないものだと5%を下回っているものもある)
  • カロリーは控えめ(高いものだと100gあたり400kcalを超える)

一般的なドッグフードはタンパク質が25%あればカロリーもそれなりに高くなる傾向にあります。

でもおさかなは高タンパク・低カロリーの魚を主原料にしているのでタンパク質をしっかり確保しながらも低カロリーを実現できているというわけですね。

実際に愛犬に与えてみても体調はバッチリです。

このようにおさかなは成分のバランスが良いので、今与えているドッグフードがイマイチだなと感じている人は一度おさかなを試してみることをオススメします。

おさかなのためにゼロから工場を立ち上げている

\おさかながどうやって作られているか興味のある人は見てみてください/

元々おさかなを販売している金虎(かねとら)という会社は大正時代の2年から続く、かつお節がメインのメーカーで、ドッグフードを作り始めたのはわりと最近のこと。

ただ熱意を感じるところがあってドッグフードを作るにあたってゼロからドッグフード用の工場を建てるという良い意味でワイルドなことをやっています

出典 公式サイト

今回ドライフードの開発に当たり、アレルゲンを徹底的に排除すべく工場をゼロから作るところから始めました。

出典 金虎公式サイト

「ゼロから工場を作ることのなにがスゴいの?」と思われるかもしれませんが、実はドッグフードを販売している会社で自社工場を持っているところって案外少ないんです。

自社工場がないとどうするかというとだいたいの場合、ドッグフードを作る機械を持っている会社に頼むことになりますが、その結果、独自性も何もない似たようなドッグフードができてしまいます。

いわゆるOEMと呼ばれるやり方ですね。

例えばパッケージが違うのに実は中身がほとんど一緒の化粧品みたいなイメージです。

そういった、「パッケージは違うけど中身はほとんど一緒」みたいなことがドッグフード業界でも行われているということです。

もちろんOEMの全てが悪いとは言いませんが、やっぱりイメージ悪いし、個人的には「本当にそのドッグフード大丈夫?」って思います。

あくまで個人的な意見で考え方は人それぞれですけどね。

そうした中で、

  • 魚の事業をやっていることを活かして、
  • ゼロから工場を立ち上げて、
  • 成分バランスの良いドッグフードを作っている

といったことから、株式会社金虎に対して好感を持てるし、信頼性も高いと個人的には思うのでメリットとして紹介させていただきました。

余談ですが、ドッグフードはエクストルーダーという機械が使われていることがほとんどです。

\エクストルーダーのイメージ/

食いつきが良い

愛犬に新しいドッグフードを試すときに心配になるポイントの1つとして「食べてくれるか問題」がありますが、我が家の愛犬は食いつきがよく問題なく食べてくれています。

ただ、食いつきに関してはワンちゃんの好みの影響が大きいので、「絶対食べてくれます!」と言い切ることはできないのが難しいところ。

なので食いつきは実際に買ってみないとわからないですと正直にお伝えしておきます。

原料に新鮮なカツオやマグロを使っていて香りも良いので、それが食いつきの良さに繋がっているかもしれません。

粒が小さいので小型犬のポメラニアンでも安心して与えられた

粒のサイズは小さく、ポメラニアンでも問題なく食べることができる大きさです。

元々我が家の愛犬は食いしん坊で焦って食べてしまうので、粒のサイズに関わらず、ふやかしてから与えるようにしていますが、このサイズなら正直ふやかさなくても大丈夫だろうなあと思っています。

粒が大きいと愛犬にご飯を与えるときに毎回「大丈夫かな」と不安になるので、そういった意味で粒の小さいおさかなはポメラニアンのような小型犬に合っていると感じます。

粒が小さいと愛犬にとっても飼い主にとっても安心ですよね。

デメリット

粒が硬いので噛み砕きにくい

おさかなの粒は結構硬くて噛み砕きにくい印象を受けました。

粒の硬さは実際に買ってみないとわからないところですよね。

  • 犬がご飯を食べるときは基本的に丸呑みで、
  • おさかなの粒自体が小さい

のでそこまで気にする必要はありませんが、一応デメリットとして紹介しました。

我が家の愛犬は食いしん坊で焦って食べる子なので、粒のサイズに関わらず、ドッグフードはふやかしてから与えるようにしています。

値段が高い

おさかなは1kg×2袋で5,940円となかなか高い値段設定になっているので、「ドッグフードのコストはなるべく下げたいな」という人には向かないと思います。

ただおさかなの値段が高くなる気持ちはわかります。

というのもだいたいドッグフードの原料は鶏肉(チキン)が入っていることが多いのですが、鶏肉と魚の原価を比べると魚の方がどうしても高くつくんですよね。

値段自体は高いけど原価を考えると「まあこのくらいが妥当かな」とある程度納得感はありますよ。

原料が「%」で表示されていない

金虎の事業内容が水産系なので原料の新鮮さはピカイチで人でも食べれるくらい安全性はあります。

ただ、おさかなの原材料を見てみるとメインの魚の原料が「%」で表示されていないのが気になりました

おさかなの原材料

魚介類(まぐろ、かつお、かつお節、かつおエキス)、でん粉類(さつまいも、ばれいしょ)、脱脂大豆、酵母、マッシュポテト、なたね油、ごま、食物繊維、野菜類(トマト、かぼちゃ、ブロッコリー)、ミネラル類(Ca、P、Cl、K、Na、Zn、Fe、Cu)、ビタミン類(C、コリン、E、ナイアシン、パントテン酸、A、B2、B6、B1、葉酸、B12)

一応フォローしておくとドッグフードのほとんどは原料を「%」まで表示していません。

でもしっかり原料を「%」表示までしているドッグフードも中にはあるんですよね。

例えば有名なモグワンはメインの原料を「%」まで表示しています。

モグワンの原材料

チキン&サーモン56.5%(放し飼いチキン生肉 21%、生サーモン 12%、乾燥チキン 12%、乾燥サーモン 7.5%、チキングレイビー 2%、サーモンオイル 2%)、サツマイモ、エンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、セイヨウタンポポ、トマト、ショウガ、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、メチルスルフォニルメタン( MSM)、コンドロイチン、ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、ヨウ素)、ビタミン類 A、 D3、E)、乳酸菌

※コンドロイチンはサメ由来のものではございません。

ドッグフードの原料は入っている量の多い順から表示するルールはありますが、個人的には「%」表示までしてほしいと思っています。

理由は、例えば「鶏肉30%、大麦29.9%」みたいな場合でも表示上は、「鶏肉、大麦」になるからです。

なので、「鶏肉がメインのドッグフードだね!」と思っていても実際は鶏肉と大麦がメインのドッグフードということになるんです。

でもこれって勘違いを招く原因になると思いませんか?

繰り返しになりますが、ドッグフードのほとんどは原料を「%」表示していません。

なので「おさかなの原材料表示は良くない」とは思いませんが、「%」表示しているドッグフードと比べたら評価は少し下がるかなというのが正直なところです。

ウソはつきたくないのでかなりぶっちゃけましたが、総合的におさかなはかなり良いドッグフードの部類に入ると思いますよ。

最安値は公式サイト

おさかなの口コミや評判

上では私個人のおさかなのメリットデメリットを紹介しましたが、ここからは客観的な意見として、ネットにあった口コミを紹介していきます。

良い口コミ

  • かつおぶしの良い匂いで食いつきも良い
  • 毛ヅヤが良くなった
  • 小粒なのが良い

悪い口コミ

値段が高い

口コミまとめ

全体的に高評価が多かったです。

逆に悪い口コミは値段が高いくらいしかなく、その値段以外に関しては言うことがないといった感じでした。

この口コミは私もほとんど同意見でした。

おさかながオススメな人・オススメでない人

おさかながオススメな人

  • お肉が体に合わないワンちゃんを飼っている人
  • 粒が小さいので小型犬を飼っている人
  • カロリーを抑えたい人
  • 国産で成分バランスの良いドッグフードを与えたい人

おさかながオススメでない人

  • 粒が小さいので大型犬には向かない
  • ドッグフードのコストをなるべく下げたいと思っている人
  • 粒が硬いのでパピーやシニア犬を飼っている人(経験上ふやかせば問題なし)

最安値は公式サイト

おさかなを作っている会社はどんな会社?信頼できる?

【最安値】おさかなを1番安い価格で買えるのはどこ?

結論、おさかなを1番安い価格で買えるのは公式サイトになります。

販売所価格送料

公式サイト
おためし 400g 999円
定期 1kg×2袋 5,940円
おためし、定期共に無料

amazon
おためし 400g 1,500円
1kg×2袋7,000円
取扱店舗による


楽天

1kg×1袋 10,000円
取扱店舗による

Yahoo!ショッピング
おためし 400g 2,370円取扱店舗による

公式サイトは安い上に定期回数縛りみたいなこともなく、初回から解約することも可能です。

こういうことを言うとなんか胡散臭くなりますが、安く買うならやっぱり公式サイトからがオススメになります。

最安値は公式サイト

おさかなの購入方法

「おさかなを試してみたいな」と思った人に向けて私が実際に公式サイトから購入した時の写真を見せながら購入方法を紹介したいと思います。

まずはおさかなの公式サイトへ

おさかなの公式サイトはこちら

「お得な定期便に申し込む」をタップ

レジへ進むをタップ

ここで購入エラーになるので「会員登録が必要な方はこちら」をタップ

名前や住所などを入力して会員登録をする(登録は無料)

会員登録を済ませてメールで送られてきたURLから再度公式サイトへ

公式サイトのカートのマークをタップ

「犬用ドライフード」をタップ

定期購入のおさかな2個セットをタップしてカートに入れる

配送方法と支払い方法を選ぶ

お届け周期を選ぶ

「注文する」をタップ

クーポンは2024年1月現在は発行されておらず、直近では2022年7月31日にクーポン締切の情報があったので、特別がことがない限りクーポンは発行されなさそうです。

以上で注文が完了です。

最安値は公式サイト

おさかなのまとめ

  • 魚主体で総合栄養食の国産ドッグフード
  • 肉・卵・乳・着色料・酸化防止剤不使用で安全性が高い
  • 成分バランスが良く、カロリーも抑えめ
  • ゼロから工場を立ち上げて、新鮮な生のカツオやマグロを使用している
  • 我が家の愛犬は食いつきも良く、体調もバッチリ
  • 粒が小さいので小型犬でも安心
  • 粒は硬め
  • 値段が高いのでドッグフードのコストを下げたい人には不向き
  • 安く買うなら公式サイトがオススメ(実際に他のネットショッピングより安い)

国産で高品質なドッグフードを愛犬に食べさせてあげたい人に特にオススメなのでぜひ試してみてください。

最安値は公式サイト

-ドッグフード